--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

120円の温もり

2010年04月03日 00:54

 日曜日の朝、新社会人の赤谷 頭也(せきたに とうや)は布団に包まっていた。
 つい数ヶ月前社会人となり、数少ない休日を睡眠に勤しんでいたのだ。
 実家は然程遠くない程の距離にあるが、一人暮らしをしている。
 これは両親に迷惑を掛けたくないという頭也の謙虚心であり、親孝行の形でもあった。

 現在彼女募集中であるが、実際構う程の余裕がある訳でもない。
 だからこそこういう休日を効率的に過ごそうとしているのだが、そういう訳にはいかないらしい。
 1DKの肩幅狭い部屋にチャイムの音が鳴った。

「ふぁい……今出ます」

 重苦しい足つきで立ち上がると、頭也は左足で右足を掻いた。
 大欠伸をすると、口を微かに開けたまま玄関の戸を開く。
 すると、赤谷の目を覚ます様な甲高い声が響いた。

「お兄ちゃん!」
「留美じゃないか」

 頭也の視界に映ったのは、今年中学生になった妹の姿だった。
 バッグを肩に掛けは目元に泣きじゃくったのか跡が残っている事から
 朝から親と喧嘩してきたのだろうという事は察せた。
 頭也は溜め息をつくと、留美の肩を軽く叩いた。

「汚いけど入ってけよ」

 留美は笑みを浮かべ、靴も並べずに中へと入っていった。
 頭也はそれを咎めず靴を並べてやると、台所から麦茶を取り出して留美に出してやった。
 留美はそれを勢いよく飲み干すと、その場に寝そべった。
 
「ありがとう、喉渇いてたから丁度良かった」
「どういたしまして、また父さんと喧嘩でもしたのか?」
「ううん、今回はお母さん。些細な事から口論になっちゃって」

 頭也は頭を掻いた。親子とは傍から見ればどうでもいい事で喧嘩するものだ。
 仲が良い事の裏返しでもあるが、だからこそ面倒でもある。
 そのとばっちりで休日を休み損ねた頭也は一番の被害者であるが
 文句を言っても何も返ってくるものは無く、渋々親に電話で留美がここに来ている旨を伝えた。

「母さんには俺が話といたから、夜までには戻って謝れよ」
「……うん」

 留美は余りに乗り気ではなかったものの、結局選択肢はそれしかなく首を縦に振った。
 それに納得すると、頭也はまた布団に潜り込む。
 が、留美がその上から飛び込んできた。

「寝ちゃ駄目だよ、どこか連れてって」
「俺は疲れてるんだよ、寝かせてくれ」
「お願い、連れてって」
「どこに行きたいって言うんだよ」
「遊園地かな」
「寝れば夢の中で行けるかも知れないぞ」

 無愛想な頭也の返事に留美は憤怒した。
 布団の包まっている頭也を足で数度蹴ると、眉間にしわを寄せる。

「痛いな馬鹿!」
「お父さんに言いつけるわよ」
「そ、それはちょっと」

 父親とは愛娘には息子以上に優しいもので、ましてや社会に出た息子の方等持たない。
 社会人となっても尚、家族に縛られる事に頭也は不満を覚えつつも、この場はそれに従うしかなかった。
 留美の顔色を伺う様に布団から出ると、口元とひくつかせる。

「今日はいい天気だなあ」
「よし決まり!」

 満面の笑みを浮かべる留美とは裏腹に、今月の生活難が確定した頭也は
 今日という日が何故休日だったのかを恨みながら、車の鍵を手に取った。

  ◇

「着いたぞ」

 エンジンを切ると、頭也と留美は外に出た。
 目の前には観覧車を筆頭に様々なアトラクションが見えている。
 それ等に思いを馳せながら、留美は受付へと軽い足取りで向かう。
 フリーパスを二枚購入すると、すっかり軽くなってしまった財布に喪失感を覚える。
 頭也はマップを広げ、アトラクションを確認した。

「じゃあまずは手始めに」
「ジェットコースターね」
「は、いきなりそんなの乗るか」

 ジェットコースターが苦手な頭也は反発したが、留美の鋭い目つきを前にその意志を失った。
 マップを留美を手渡すと、留美は遊園地の名物である高速ジェットコースターを指差す。

「これで決まりね」
「本気で言っているのか、高速だぞ高速」

 頭也はまだ来て間もないにも関わらず、意気消沈した。
 順番待ちをしている最中、注意書きを見て尚一層後に引きたくなったが
 中学生になりたての少女を一人並ばせる訳にもいかず、絶叫を体験する事となった。
 その後は放心状態と化した頭也に遠慮してか、留美が絶叫系を強要する事は無くなったが
 それでもコーヒーカップで回転に酔う等、ハプニングはそれなりにあった。
 しかし、楽しめた事に変わりなく最後に二人は観覧車を選んだ。
 観覧車が上がっていく最中、夕日が二人を照らす。

「何だかんだ言って、遊園地も面白かったな」
「でしょ、お兄ちゃんもたまには遊ばないと」
「そうだな、お前もちゃんと母さんに謝るんだぞ」
「うん、だからまた遊ぼうね」

 頭也は微笑みを返した。
 下に降りて行く観覧車に寂しげな感情を覚えながら二人は残り少ない感傷に浸る。
 観覧車が下に降りた後、頭也は自販機を見つけると、留美と一緒に駆け寄った。

「おごってやるよ」

 頭也が自販機を指差すと、留美はそれに飛びついた。
 夜風が吹き始め、冷え込み始めた事も重なり、二人はホットドリンクを選んだ。
 留美はココアを、頭也はコーヒーを購入する。
 車に戻るまでの帰り道、二人は120円の温もりを感じながら遊園地を後にした。
 二人を照らす夕日は今にも沈み、月が月明かりを照らそうとしている。



クリックが世界を変える。

スポンサーサイト


コメント

  1. 篁 | URL | -

    こういう雰囲気、好きです。

    篁です。
    ご無沙汰しておりました。
    いいですね。こういう雰囲気。
    僕は男兄弟の兄。まぁ、弟から「遊園地へ行こうよ」などと言われれば、蹴飛ばしてしまうこと間違いないですが、5歳も年下だったため、小さい頃は僕の仲間に混ぜてあげて遊んでました。
    今では、いっぱしの大人口調で「兄貴の相談くらい乗ってやれるぜ」だって(笑)。
    こういう兄妹とか異性の兄弟姉妹の雰囲気ってやっぱり違うのでしょうね。
    僕は、こういう感じなんだろうか? とか想像で短編とか書いてます。だから少し自信がないです。
    またお邪魔します。
    気持ちの良いストーリーありがとう!!

  2. りぼ | URL | -

    またもやありがとうございます。
    此方も中々コメントする機会が伺えずすいません。

    自分は2歳下の妹がいるもので、こういう家族設定が割高です(汗)。
    思春期真っ只中の妹を見ていると、憎らしくもあり、愛らしくもあります。

    故に自分は篁さんとは逆で、男兄弟の雰囲気を想像でしか書けません。
    というか、無意識に敬遠してました。これは注意しないと(笑)。
    篁さんも頑張って下さい!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://no1really.blog122.fc2.com/tb.php/39-7a45fe5c
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。