--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリファリング No.32 此処からが勝負だ

2010年04月09日 00:14

 リヴァンは間合いを作り、リツカに攻め込む隙を与えない様にすると
 逆足を使って顔面を靴先で蹴り、首を靴底で踏み、ヨシアを痛めつける。
 しかしヨシアはそれに怯まずリヴァンの足を掴み続ける。
 例え鼻から血が流れようと、首が赤く腫れあがろうとも、薄れゆく意識等考えもせず。
「絶対離すなよ」
 白目を剥き出しにするヨシアを見て、リツカは耐え切れず、リヴァンに飛び込んだ。
 リヴァンはすかさず間合いから切り込みを入れると、リツカの腹部が切り裂かれる。
「残念、女は自ら斬られに来たぞ」
 ヨシアは虚ろな意識の中、血を流すリツカを見て、こと切れた様に手を離した。
「俺は何も護れねえのか」
「そうだな、そしてお前は自分も護れない」
 リヴァンは剣を振り上げた。倒れているヨシアの心臓に狙いを定める。
 それを見てリツカは無我夢中で静止に入った。
 しかしリヴァンはリツカの傷口を足で蹴飛ばす。
 リツカは悲痛な叫びを上げながら、唱える様に言葉を漏らした。
「誰か……ヨシアを」
「誰もいねえよ」
 リヴァンはリツカを見ると、高笑いを上げた。

  ◇

 流れる血を感じながら、失ったはずの意識が今確かにある。
 フェイルは気づくと、至災の間ではなく、岩山に囲まれた場所にいた。
 広い空間の真ん中には、新緑の大きな大木が聳え立っている。
「龍の谷奥地、ナインスピリッツ。最終決戦に相応しい」
「父さん!」
 フェイルの視界に入ったのは、死んだはずの父、アラン=ディアンの姿だった。
 しかし此方のは声に気づいていない、というより此方の存在に気づいていないらしい。
「本当に此処でいいのか? お前の墓場は」
「履き違えるなよ、此処はお前の墓場だ」
 アランの前に立っていたのは、リヴァンに何処かしら風貌の似た人物だった。
 それを見てようやくフェイルは状況を把握した。
「俺は大戦争の最中にいるのか。父さんの前に立っているのは恐らくジンガラム=ベールドール」
 フェイルは息を呑んだ。自分が何故この場にいるのかは分からない。
 アラン達に何故自分の姿が見えないのかも分からない。しかしこれだけは分かる。
「少なくとも今、歴史上最高の戦いが始まろうとしている」
 アランとジンガラムは互いに構えを取る。
 その構えには一縷の隙も無かったが、先に仕掛けたのはアランだった。
「リアンベールを聖唱し、喉を引き裂け、掻き毟れ、意味を知れ。ブランデッシュ」
 聖なる光を宿した二連撃を仕掛ける。
 ジンガラムは冷静にそれを剣でいなすと、即座にアランの背後を取る。
 斬りにかかるが、アランは読んでいた様にそれをしゃがんで避けると
 同時に剣を振り上げカウンターを仕掛ける。
 ジンガラムは掠りながらもそれを避け、そのままアランの腹部を狙う。
 まさに一進一退の攻防戦。積み重なる掠り傷がじわじわと動きを鈍らせる。
 先に深い一撃を入れたのはジンガラムだった。
 胸部に傷を負ったアランはよろめくも体制を立て直し、剣を構える。
「しまった、刹那の遅れがとんだ痛手だ」
「勝負あったな。降伏でもするか?」
「降伏? 馬鹿言え。勝負は諦めない限り終わらない」
「詭弁だな。戦況を見れば、誰にでもこの先の勝者は予測出来る」
 ジンガラムは高笑いを上げた。
 フェイルは戦況を物静かに見守っていたが
 体に温もりを感じると、既にこの世界から下半身が消えている事にようやく気がついた。
「この温もりは何だ?」
 温もりの先を辿っていくと、その原点はアリファから貸して貰った指輪にあった。
 何か体が底から癒される様な、そんな感覚に襲われる。
「どうやら俺は、まだ諦めきれないらしい」
 フェイルは消え行く最中、圧倒的不利な状況立たされながら
 自らの勝利を疑わない父の勇姿を目に焼き付けた。
「此処からが勝負だ、ジンガラム!」

  ◇

「リアンベールを聖唱し、喉を引き裂け、掻き毟れ、意味を知れ。ブランディッシュ」
 リヴァンがヨシアに剣を突き立てんとしたその時
 背後で倒れていたフェイルが起き上がり、リヴァンの背中に聖なる斬撃をニ撃入れる。
 リヴァンの背中は罰点に斬れると、そこから血が噴き出した。
「馬鹿な! お前は再起不能にしたはず……」
「アリファが貸してくれた指輪が救ってくれたんだ。最果ての泉が悪心と共に託した回復能力が微弱ながら流れ込んでいて、俺の出血を止めてくれたんだ。油断したのはお互い様だったな。ヨシア! まだこの勝負、諦めてないだろ」
「誰が何時諦めたって?」
 ヨシアは自分の頬を手で叩いて意識を覚ますと、銃を構え直した。
 リツカもヨシアが立ち上がったのを見て、短剣を構え直す。
 これで全員が傷持ちで振り出しに戻った。フェイルは息を吸い込む。
「此処からが勝負だ、リヴァン!」



英雄から諦めない事を学び、フェイル復活。
ようやく与えた大きな傷。振り出しに戻った戦局はどう揺れ動く?

応援宜しくお願いします。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://no1really.blog122.fc2.com/tb.php/42-768d4b7c
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。